新しい鉋を入手しました

11月に三木金物まつりへ行った時に常三郎さんで、天然砥石を購入し、その際新しい鉋を注文していました。

 

注文した2週間後に受け取りました。刃が裏出し、刃の仕込み角度、台の右側を擦り台での使用に合わせて調整代をとって頂いています。

 

標準仕様からいろいろ特別な仕様を追加しているので、少しだけ待ちましたが、十分な出来上がりで待ったかいがありました。また、価格もおまつり特別価格で提供して頂きました!

 

サイズは、刃幅45ミリ、台の長さは7寸です。少し小さめですが私のギター製作には出番が多いサイズです。

 

早速、鉋台の調整をしようと台に鉛筆で線を書き込み、スコヤを当ててみたところ・・・

 

仕上げ用鉋台として完璧に調整済みの状態になっていました。鉋台は購入後、使う人が自分用に調整するものだと常々考えているので、これはとてもありがたかく、とても嬉しかったです。

 

実際に使ってみた感じですが、刃が台からほんの少ししか出ていない状態で、同じ厚さの鉋屑が、木材の端から端まで均等に出てきます。しかも引く負荷もかなり軽く鉋屑の薄さも1~3/100ミリ程度です。10~30ミクロンなので、この厚さで均等に削れれば、木材の整形も非常に楽です。

 

天然砥石の砥粒の径は約5ミクロンで、砥いでいるうちに更に細かくなって2~3ミクロンにまで小さくなるらしいので、刃先の丸まりも2~3ミクロン程度になるので、10ミクロンで仕上がればまあまあ十分なところかなと思います。これ以上執着するのはサッカーで無意味なリフティングにこだわっているのと同じなので、この程度で使います。

 

おまけに椿油も頂戴しました!最後の写真は、手元にある常三郎さんで購入したものです。

 

とても良いものを入手出来ました。私は常三郎さんの熱烈な大ファンです。もっと腕を上げて鉋に見合うよう頑張ります。2023.12.18

 

アーカイブArchive