ドラフターを入手しました

工房を開くことで、広い場所が手に入ったので以前から欲しかったドラフターを入手しました。

 

目的は作図と、製作中のギターの図面を掲示して確認しやすくするためです。

 

昨今は、パソコンを使ってAUTO CADなどで図面を描けば、場所もとらないし効率よく図面を作成出来るのではないかと思われます。私もAUTO CADを使って作図することは出来ます。

 

しかし私は直感型人間なので、紙の上に直接手書きした方が頭の中にあるものを早く正確に描けます。パソコンはあまり好きではありませんし、うまく書けない時に調べるのが面倒で、調べてもわからず終いの時があります。

 

手書きならそんな心配もいらず、パソコンが壊れて止まることもありません。古いタイプの人間なのかもしれません。とにかく仕事が止まるのが嫌です。

 

このドラフターで新しいボディの形状を考案したり、ロゼッタを作図したりするつもりです。一度紙の上に作図すると、頭の中でそれが立体になり、一旦出来上がると、後の製作も楽にうまく作ることができます。

 

私のギター製作は、①設計、②作図、③材料調達、④罫書き、⑤機械加工、⑥組立、⑦仕上げ加工、⑧塗装、⑨出荷前調整、の全ての工程を自分一人の手で実施可能なのでとても楽しいです。

 

今回は強力な武器を手に入れることが出来ました。  2023.09.16

アーカイブArchive